• アクセス
  • *
  • *
  • *

なぜ、うつ病に整体なのか?

うつ病・自律神経失調症の方へ

「うつ病に整体?それっていいの?」と思われる方も多いでしょう。うつ病といえば心の病気。「薬とかカウンセリングがいいのでは?」と思う方もいいでしょう。

しかし当院では「うつ病は体の病気」と捉えております。もちろん心の病気でもありますが、心と体のどちらを優先して治していくのがいいかというと、当院では体から治していく方が良いと考えます。

なぜならカウンセリングなどの心を治す過程には、考えたり、思いだしたりといったように、脳を働かさないとならないからです。うつ病は、疲労のため記憶力・思考力・集中力が低下してしまう病気なのです。

うつ病は、体から先に回復させる必要が

うつ病の方たちにカウンセリングを行っても、脳を使うことで更に疲労が増してしまい、症状がひどくなってしまう場合もあります。ですから、うつ病が悪化している場合には、心への治療は出来ないのです。

このような場合は、患者さん本人は飲むだけでいいといった投薬治療、そして本人は寝ているだけでいいといった整体療法など、患者さんの力を出来るだけ使わずに行えるものが、患者さん本人にも負担がなくていいのです。
そのため当院では、うつ病の場合でも軽症や重症を問わず、まずは体から先に回復させるために整体から行います。

整体である程度回復してきましたら、思考力や記憶力も回復してきますので、カウンセリングを行うこともあります。しかし多くの患者さんは整体を行うだけで回復します。体調が良くなることで脳が正常に働くので、精神的ストレスをあまり感じなくなることもあります。

体を良くして脳の働きを正常化しても精神的ストレスが多い場合にはカウンセリングを行いますが、当院ではこのような患者さんは非常に少ないのが現状です。また、カウンセリングを受ける場合でも、当院では体を回復させることで脳が正常化していますので、通常のカウンセリングよりも効果が出る場合が多くなるのです。

※ 当院が考える、うつ病までの経緯とそのタイミングで必要な対策や治療法などを以下の項目にまとめましたのでご確認ください。

自律神経失調症に必要な対策と治療法

当院の考える、自律神経失調症に必要な対策と治療法について説明します。

自律神経失調症の主な症状

まず、自律神経失調症になると以下のような症状が起こることがあります。

  • 不眠症
  • 食欲不振
  • 2週間以上、疲れが取れない
  • まぶしく感じることが多い
  • めまいや耳鳴りを感じる
  • イライラすることが多い
  • やる気はあるが、体が付いてこない

自律神経失調症の対策

自律神経失調症の対策としては、以下のようなことが必要となってきます。

  • 睡眠時間を増やす
  • カフェインを控える
  • 甘いものを控える
  • 週に一度は頭も体も一日中休める
  • 病院で検査を受ける(他の病気が隠れている場合があるため)

自律神経失調症に必要な治療法

自律神経失調症の治療法としては、以下のようなことを行っていきます。

  • 生活改善と栄養指導
  • 整体(頭蓋骨調整・内臓調整法など)
  • 心理療法やカウンセリング

※ 心理療法・カウンセリングは川崎では行っておりません。本院でのみ行っております。(» 健療施術院藤沢本院

うつ病・自律神経失調症の整体法

軽うつ状態時に必要な対策と治療法

当院の考える、軽うつ状態時に必要な対策と治療法について説明します。

軽うつ状態時の主な症状

まず、軽うつ状態時になると以下のような症状が起こることがあります。

  • 不眠症
  • 食欲不振
  • 2週間以上、疲れが取れない
  • まぶしく感じることが多い
  • めまいや耳鳴りを感じる
  • イライラすることが多い
  • やる気はあるが、体が付いてこない
  • やる気が徐々になくなって来る

軽うつ状態の対策

軽うつ状態時の対策としては、以下のようなことが必要となってきます。

  • 睡眠時間を増やす
  • カフェインを辞める
  • 甘いものを辞める
  • ストレスから遠ざかる

軽うつ状態時に必要な治療法

 軽うつ状態時の治療法としては、以下のようなことを行っていきます。

  • 生活改善と栄養指導
  • 整体(頭蓋骨調整・内臓調整法など)
  • 心理療法やカウンセリング

※ 心理療法・カウンセリングは川崎では行っておりません。本院でのみ行っております。(» 健療施術院藤沢本院

うつ病・自律神経失調症の整体法

うつ病に必要な対策と治療法

当院の考える、うつ病に必要な対策と治療法について説明します。

うつ病の主な症状

まず、うつ病になると以下のような症状が起こることがあります。

  • やる気、意欲がない状態が2週間以上続いている
  • 物ごとに興味や関心がない状態が2週間に以上続いている
  • 体重の減少や増加
  • 不眠症・またはいつも眠たく感じる
  • 落ち着きがない・焦りを感じる
  • 思考力・集中力・記憶力の低下
  • 自殺を考える

うつ病の対策

うつ病の対策としては、以下のようなことが必要となってきます。

  • とりあえず、たくさん寝る
  • 眠れなくても横になる
  • カフェインを辞める
  • 甘いものを辞める
  • ストレスから遠ざかる

うつ病に必要な治療法

うつ病の治療法としては、以下のようなことを行っていきます。

  • 生活改善と栄養指導
  • 整体(頭蓋骨調整など)

特に重症のうつ病の場合では脳がうまく働かないため、思考力や記憶力に低下がみられる。そのため、この段階でのカウンセリングや心理療法は効果が限りなく低い。
この状態で効果があると思われるのは、投薬と整体などの体へのアプローチである。

※ 心理療法・カウンセリングは川崎では行っておりません。本院でのみ行っております。(» 健療施術院藤沢本院

うつ病・自律神経失調症の整体法

あなたの代役は1人もいません!

あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に、川崎整体健療院にお電話ください。

川崎整体健療院
(ご予約)☎ 044-540-3211044-540-3211
川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

整体で体に良いことしてあげましょう。

■ご予約の際の注意事項

※12:00 ~ 13:35の間は、お昼休みのため電話は繋がりません。ご了承下さい。

(ご予約・相談)☎ 044-540-3211044-540-3211

受付時間
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 16:45
9:00 ~ 19:00
定休日
このページの先頭へ

*

(ご予約・お問い合わせ): 044-540-3211

JR東海道線・京浜東北線・南武線「川崎駅」
西口通り出口から徒歩4分
〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町15-4
松下ビル5階