• アクセス
  • *
  • *
  • *

症状別対処法

症状別カテゴリー一覧

なぜ、うつ病に整体なのか

うつ病・自律神経失調症の方へ
「うつ病に整体?それっていいの?」と思われる方も多いでしょう。うつ病といえば心の病気。「薬とかカウンセリングがいいのでは?」と思う方もいいでしょう。

なぜ、うつ病に整体なのかのページへ

顎関節症

顎関節症によって、かみ合わせの悪さや、片方の顎だけで噛む「片噛み」などで、顎関節にゆがみの力がかかる場合があります。他にも首の筋肉の緊張などにより、顎関節症になります。

顎関節症のページへ

うつ病・自律神経失調症の整体

うつ病・自律神経失調症・めまい・耳鳴りなどの方への整体法は、主に骨盤や背骨など、体全体を整えた後に、「呼吸改善法」「内臓調整法」「頭蓋骨矯正法」などの施術を行います。

うつ病・自律神経失調症の整体のページへ

めまい・耳鳴り・難聴の整体法

めまい・耳鳴り・難聴の多くの原因は、日々の生活によるストレスで脳が緊張することで起こります。脳が緊張すると、自律神経も乱れてしまいます。そして、その緊張は筋肉にも伝わり体もゆがんでしまうのです。

めまい・耳鳴り・難聴の整体法のページへ

顎の痛み・顎関節症の整体法

顎関節症により、顎関節がゆがんでしまうと、そのゆがみは頭蓋骨にまで伝わり「うつ病」や「自律神経失調症」といった病気を起こしてしまう可能性のある症状です。

顎の痛み・顎関節症の整体法のページへ

妊娠中・出産後の整体

妊娠しているとき、または 出産直後など、「体がつらいけど、整体などを受けていいの?」と思われる方が多くいらっしゃいます。特に妊娠中などは、整体を受けることでの赤ちゃんの影響を考えてしまいます。

妊娠中・出産後の整体のページへ

不妊症の原因と整体

赤ちゃんの出来やすい体というのがあります。
それは自律神経が整っていて骨盤がゆがんでいない体です。自律神経が乱れていると、不妊症になりやすいというのは知っていますか?

不妊症の原因と整体のページへ
.

自律神経を整体で整える

 整体は自律神経の乱れを整えることが出来ます。
それはなぜでしょうか。整体と自律神経の関係についてお話しします。
自律神経を整体で整えるのページへ

自律神経を整える方法

 ストレスはコントロールすることができます。
ストレスをコントロールして、自律神経失調症を改善しましょう。
自律神経を整える方法のページへ

自律神経を乱す4つのストレス

 自律神経はなぜ乱れてしまうのでしょうか?
 実は、自律神経の乱れにはストレスが大きく影響していて、そのストレスは大きく4つに分類されるのです。
自律神経を乱す4つのストレスのページへ

自律神経の働きと血流の関係

 内臓、筋肉、神経、脳…いずれの器官も血流が悪くなると様々な不調にさらされます。
 自律神経の働きと血流には、一体どのような関係があるのでしょうか。
自律神経の働きと血流の関係のページへ

動悸・めまい・息苦しいなどの症状と自律神経の働き

 健康な体を取り戻すためには自律神経をよく知ることがとても重要です。
なぜ動悸・めまい・息苦しいなどの症状が起きるかご存知ですか?
動悸・めまい・息苦しいなどの症状と自律神経の働きのページへ

小食と空腹感は自律神経を整える

 空腹感で自律神経を整えることが出来るのをあなたはご存じでしょうか?
小食にして、心身共に健やかな毎日を送りましょう。
小食と空腹感は自律神経を整えるのページへ

血液をきれいにする体の反応

 自律神経を整えたり、健康を保つためには血液をきれいな状態で保つことがとても重要です。
血液を浄化する反応を「5つ」お伝えします。
血液をきれいにする体の反応のページへ

小食と空腹感は血液をきれいにする

 病気を発生しにくくするには、血液の流れを良くするということは外せません。 食と血液の関係をご存知ですか?
小食と空腹感は血液をきれいにするのページへ

空腹と体内リズムの関係

 「小食にして空腹感を味わうことで健康になる」方法をご存知ですか?
空腹と体内リズムの関係のページへ

空腹で健康になる

 あらゆる動物実験において、食事の量を4割減らすと1.5倍長生きするという結果が出されています。
空腹で健康になるのページへ

うつ・自律神経失調症の改善には小食と空腹感が大事

 実は一日三食を食べることで自律神経が乱れてしまい、自律神経失調症から「うつ」になりやすい体になることをあなたはご存じでしょうか?
うつ・自律神経失調症の改善には小食と空腹感が大事のページへ

高血圧の下げ方

 気になる高血圧。この章では、普段の生活でできる血圧の下げ方についてお伝えしています。
高血圧の下げ方のページへ

高血圧と食事の関係

 高血圧には、食事はとても重要になってきます。特に塩分の摂り過ぎは良くありません。つまり、減塩する必要があるのです。
高血圧と食事の関係のページへ

高血圧と塩分の関係

 塩分の摂り過ぎは、高血圧になる確率を高めてしまいます。この章では、塩分がナトリウムポンプの働きに与える影響についてお伝えします。
高血圧と塩分の関係のページへ

高血圧が危険な理由

 高血圧だと自覚症状が出るといったことがありません。みんな知らず知らずのうちに高血圧になってしまいます。
高血圧が危険な理由のページへ

血液の流れと高血圧

 高血圧とよく耳にするかも知れませんが、いったい高血圧とはどのくらいの数値からいうのでしょうか。
血液の流れと高血圧のページへ

血圧と自律神経の働き

 血圧とは、「心臓から体全体に血液を押し出す時に、血管の壁にかかる圧力」のことをいいます。
血圧と自律神経の働きのページへ

危険なめまいと自律神経失調症

 降って湧いたかのように、今までに経験したことのないようなめまい、グルンと目が回るといった事態に陥れば、それが誰であれ、自分は大丈夫なのかという不安に駆られることでしょう。
危険なめまいと自律神経失調症のページへ

めまいのもとになる代表的疾患

 このページでは、めまいのもとになる代表的な疾患についてお伝えします。
めまいのもとになる代表的疾患のページへ

めまいの原因

 めまいが起こってしまう場合、当然のことながら平衡系のどこかに問題が生じているということになります。
めまいの原因のページへ

めまいを治すための基礎知識

最近、めまいに苦しんでいるという話を耳にする機会がかなり多くなってきた感があります。
めまいを治すための基礎知識のページへ

アレルギーは自律神経の乱れで起きる

アレルギーについてお伝えする前に、簡単に自律神経のご説明をします。

アレルギーは自律神経の乱れで起きるのページへ

自分でできるアレルギー対策

本来、人間には、外部から体内に侵入してくる、体の成分とは、異なる外敵に対して、退治しようとする免疫のしくみがあります。

自分でできるアレルギー対策のページへ

自律神経の乱れを整体で整えて、アレルギーを治そう!

アレルギーは、ストレスが限界を超え、自律神経が乱れることにより、免疫抑制ホルモンであるコルチゾールが分泌されず、過剰に免疫が働くことで酷くなります。
では、ストレスを少なくするにはどうしたらいいでしょうか。
このページでは、ストレスの種類と対策についてお伝えしています。

自律神経の乱れを整体で整えて、アレルギーを治そう!のページへ

耳鳴りの原因

病名がついたことで安心するケースもあるかもしれないが、それでは根本的な解決にはならない。
そこをさらに踏み込んでどこに原因があるのか突き詰めていくことが必要になる。
耳鳴りの原因となるものは以下のようなものである。

耳鳴りの原因のページへ

耳鳴り

まずは、自律神経失調症と耳鳴りとの間にどのような関連があるのかについてみておこう。
自律神経とはその名のとおり、自分の体を意識することなく自然に調節してくれている神経である。
活動する時に働く交感神経と、休むときに働く副交感神経があり、これがうまく関連し合って体の調整をおこなっている。

耳鳴りのページへ

胃腸のトラブル改善法

胃腸は自分の意思で動かしている訳ではありません。自律神経によって動いています。
この神経に精神的なストレスを与えるというのがとても負担になってしまいます。

胃腸のトラブル改善法のページへ

便秘・過敏性腸症候群(IBS)の原因と対策

大腸の病気によって便秘を起こす場合があります。大腸ガンや炎症によって大腸の中が狭くなって便秘になることがあります。

便秘・過敏性腸症候群(IBS)の原因と対策のページへ

逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍の原因と対策

現在どんどん増えているのがこの症状。
胃液が食道の中に進入して、細胞が傷ついたりする症状です。
通常胃の中のものは、逆流して食道に流れないように筋肉で閉じているのですが、それに何らかの影響で働かなくなってしまった場合に起きてしまうのです。

逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍の原因と対策のページへ

うつ病・自律神経失調症と胃腸の障害

あなたは、内臓(臓器)を動かすのを自分の意志で出来ますか?
「ちょっと胃を働かせようかな」
「少し疲れたから心臓を止めておこう!」
などと意識的に考えて臓器を動かすことは出来ませんよね。
臓器はあなたの意志とは関係なく、無意識でいつも動いているのです。

うつ病・自律神経失調症と胃腸の障害のページへ

顎関節の解剖

頭蓋骨は、15種類の23個の骨から構成されており、下顎骨(あごの骨)と舌骨以外は、結合して1つの骨のようになっています。
頭蓋骨は、脳を入れて脳頭蓋(6種類8個)と顔面の基礎を作る部分の顔面頭蓋(9種類15個)で構成されています。

顎関節の解剖のページへ

顎関節症の原因

顎関節症の定義・種類・原因などを詳しくレポートしています。

顎関節症の原因のページへ

パニック障害の原因と対策

過剰なストレスがある場合。
精神的ストレス・構造的ストレス(歪み)・温度湿度のストレス・
化学的ストレス(添加物・たばこ・排気ガスなど)、特にカフェインは飲まないようにしましょう。
また、不安を解消したくて、アルコール依存症と合併するケースもよくあります。

パニック障害の原因と対策のページへ

パニック障害の予期不安

死んでしまうのではないかという強い恐怖感を伴うパニック発作が原因で、その後また起こるのではないかという不安にさらされてしまうのが「予期不安」と言います。

パニック障害の予期不安のページへ

パニック障害のチェック

強い恐怖や不快を感じるはっきり他と区別できる期間で、
そのとき、以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が突然に発現し、
10分以内にその頂点に達するか?

パニック障害のチェックのページへ

パニック障害

満員電車の車内で、突然激しい動悸と息苦しさに襲われて
「まだ駅には着かないし、どうしよう?」
「このまま呼吸が出来ずに死ぬのではないか?」
と思ったことはありませんか?

パニック障害のページへ

 1 

.

整体で体に良いことしてあげましょう。

■ご予約の際の注意事項

※12:00 ~ 13:35の間は、お昼休みのため電話は繋がりません。ご了承下さい。

(ご予約・相談)☎ 044-540-3211044-540-3211

受付時間
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 16:45
9:00 ~ 19:00
定休日

健療施術院主催のうつ病・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

川崎整体健療院(かわさきせいたいけんりょういん)は、整体療法専門家集団と言われる健療施術院の川崎分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。

グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。

うつ病・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、横浜市・東京都・千葉県・埼玉県・綾瀬市・群馬県など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛などの症状の方がお見えになります。

このページの先頭へ

*

(ご予約・お問い合わせ): 044-540-3211

JR東海道線・京浜東北線・南武線「川崎駅」
西口通り出口から徒歩4分
〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町15-4
松下ビル5階