甲状腺の機能が亢進することによって起こるバセドウ病

荒木レポート「甲状腺の病気 ~バセドウ病と橋本病~」

  1. 甲状腺の病気(バセドウ病・橋本病)
  2. 甲状腺の機能が亢進することによって起こるバセドウ病
  3. 甲状腺の機能が低下することによって起こる橋本病
  4. 甲状腺がんと良性腫瘍
  5. 甲状腺の病気の方が気を付けること

甲状腺の機能が亢進することによって起こるバセドウ病

バセドウ病は甲状腺の機能が亢進することによって症状が現れる病気で、甲状腺の病気の中で最も多く、患者さんの20%を占めます。
男女比は1:4で女性に多く、30代を中心とする20~40代の女性に多い傾向があります。
男性は少ないのですが、かかると症状が重く、治療が長引くといわれています。

1840年にドイツ人の医師カール・フォン・バセドウ氏により発見されましたが、それまでは心拍数の上昇や落ち着きのなさから、精神病の一種だと考えられていました。
一見すると元気いっぱいですが、いつも小走りしているような代謝過剰な状態で、交感神経が亢進している状態が続きます。

バセドウ病の症状と、間違われやすい症状

特徴的な症状は「首(甲状腺)の腫れ」「眼球突出」「頻脈」です。
バセドウ氏の診療所の地名にちなみ「メルセブルグの3徴」といわれています。

その他にも、

  • 動悸
  • 不整脈
  • 高い血圧(血圧の最高と最低の差の増大)
  • 食べても満腹感を感じずに痩せる
  • 多汗
  • のどの渇き
  • 一時的な高血糖
  • 下痢
  • 夏に弱く冬に強い
  • 微熱
  • 怒りっぽくなる
  • 集中力の低下
  • 落ち着かない
  • 多弁
  • 興奮
  • 情緒不安定
  • 皮膚の色素沈着
  • 白班
  • 脱毛
  • スプーン爪
  • 炭水化物やアルコール摂取による周期性四肢麻痺
  • 疲れやすい
  • 朝のだるさ
  • 筋力低下
  • 指の震え
  • 月経不順
  • 男性の乳房女性化
  • 性欲減退
  • 眼精疲労
  • 頭痛

等がみられます。

このような症状から、心臓病、高血圧、更年期障害、子供は落ち着きの無さからLD(学習障害)に、高齢者は元気がなくなりうつ病に間違われることもあります。

バセドウ病の原因は自己免疫疾患

バセドウ病の原因は現代医学でもはっきり分かっていませんが、自己免疫疾患が原因ではないかと考えられています。

自己免疫疾患とは、本来、体内に入った異物(抗原)を抗体が攻撃するはずが、なぜか自分の体の組織や細胞を攻撃してしまう状態のことです。
バセドウ病の場合、甲状腺刺激ホルモン受容体が異物(抗原)と勘違いされて攻撃・刺激され、甲状腺ホルモンが過剰に分泌してしまうことが原因といわれています。
自己免疫疾患もバセドウ病と同様、若い女性に多い傾向があります。

バセドウ病の様々な治療法

抗甲状腺薬

過剰に働いている甲状腺機能を「チアマゾール」「プロピルチオウラシル」という抗甲状腺薬で抑えて治療します。
効果は早い人で2~3週間であらわれ、遅い人でも2~3ヶ月で症状が改善します。
しかし、薬によって症状を抑えているだけなので、途中で服用をやめてしまった時の再発症率は60%といわれており、医師の指示のもと徐々に減薬することが必要です。

また、内服を始めて3ヶ月くらいで2割くらいの割合で副作用が起きる人がいます。
多いのは、かゆみや湿疹、黄疸や吐き気などの肝機能障害、無顆粒球症による細菌感染による喉の痛みや発熱、関節痛などです。
副作用があらわれた時は、薬を変えるか、治療法を変更します。

放射性ヨード内用療法

抗甲状腺薬が効かない場合や、副作用が強い時、手術後の再発時に用います。
放射性ヨードのカプセルを服用し、甲状腺に集まった放射性ヨードが放出する放射線により甲状腺の組織を破壊させ、亢進した甲状腺機能を落ち着かせます。
体内に取り込まれた放射性ヨードは数週間強く作用しますが、3〜6ヶ月で体から消え、副作用の心配もないと評価されています。

しかし、放射性ヨードが効きすぎると甲状腺の機能が低下する場合があり、症状の回復が期待できない時は、甲状腺ホルモンを補う薬を一生飲み続ける必要が出て来ます。
それでも、バセドウ病は二度と再発しないため治療は成功とされます。

放射性ヨードは安全とされていますが、「18歳未満」「妊娠中」「授乳中」「1年以内に妊娠希望」の方には使用できません。

手術

抗甲状腺薬、放射性ヨード治療が適さない方、早く確実に治したい人に適しています。一部を残しほとんどの甲状腺を切除する方法と、全摘出があります。
およそ1週間で退院でき、手術の跡も1年くらいで目立たなくなります。

合併症は、声帯を動かす反回神経を損傷した場合の声がれ、副甲状腺損傷による機能低下症による血中カルシウムの不足による手足のしびれや痙攣(テタニー発作)などがありますが、専門医のもとであれば起こる可能性は低いとされています。
全身麻酔のため、心臓や肺に重篤な疾患のある方には適しません。

寛解(病状が治まっておだやかである)判定方法

これらの治療で症状が改善したとしても、体質は変わっていないため「全快」ではなく「寛解」とされています。
減薬しながら血液検査をして寛解判定します。
寛解判定を受けるまでは心臓に負担をかける運動、熱いお風呂は控えるようにします。
検査の値が正常になり寛解判定を受けても、定期的な検査は欠かせません。

荒木レポート「甲状腺の病気 ~バセドウ病と橋本病~」

  1. 甲状腺の病気(バセドウ病・橋本病)
  2. 甲状腺の機能が亢進することによって起こるバセドウ病
  3. 甲状腺の機能が低下することによって起こる橋本病
  4. 甲状腺がんと良性腫瘍
  5. 甲状腺の病気の方が気を付けること

こんなページも読まれています


うつ・自律神経に詳しい整体院のブログ

変化がストレスに感じる時は、 小さなことから始めてみましょう


ご予約・お問合わせ: 044-540-3211

症状別対処法

● 症状別対処法

整体で体に良いことしてあげましょう。

■ご予約の際の注意事項

※12:00 ~ 13:35の間は、お昼休みのため電話は繋がりません。ご了承下さい。

(ご予約)☎ 044-540-3211044-540-3211

受付時間
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 16:45
9:00 ~ 19:00
定休日

川崎 整体健療院(かわさきせいたいけんりょういん)は、整体療法専門家集団と言われる健療施術院の川崎分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。

グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。

健療施術院主催のうつ・自律神経の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

うつ・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、川崎市・横浜市・東京都・千葉県・埼玉県・群馬県など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛などの症状の方がお見えになります。

このページの先頭へ

*

JR東海道線・京浜東北線・南武線「川崎駅」
西口通り出口から徒歩4分
〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211