甲状腺の機能が低下することによって起こる橋本病

荒木レポート「甲状腺の病気 ~バセドウ病と橋本病~」

  1. 甲状腺の病気(バセドウ病・橋本病)
  2. 甲状腺の機能が亢進することによって起こるバセドウ病
  3. 甲状腺の機能が低下することによって起こる橋本病
  4. 甲状腺がんと良性腫瘍
  5. 甲状腺の病気の方が気を付けること

甲状腺の機能が低下することによって起こる橋本病

橋本病はバセドウ病とは逆に、甲状腺の機能が低下する代表的な病気です。
女性が男性の20倍ほど多く、かつては40歳以上に多いとされてきましたが、最近は若い女性に多いことが分かってきました。
1912年に九州大学の橋本先生によって発表されました。
甲状腺ホルモンの欠乏により代謝が悪くなり、心身の働き、エネルギーが低下した状態、副交感神経が亢進している状態になります。

橋本病の症状と、間違われやすい症状

橋本病は「首(甲状腺)の腫れ」「だるさ」「無気力」などが特徴です。

甲状腺はバセドウ病同様、部分的なしこりではなく全体が腫れますが、バセドウ病に比べ表面に凹凸ができたり、硬くなったりしやすいといわれています。
腫れは大小様々で、左葉、右葉のどちらかだけが腫れることもありますが、じわじわと進行するため自覚症状が感じられないこともあります。

その他にも、

  • 食欲低下
  • 体重増加
  • 便秘
  • 全身のむくみ
  • 寒がり
  • 汗をかけない
  • 乾燥肌
  • 脈減少
  • 低体温
  • 低血圧
  • 高コレステロール血症
  • 動脈硬化
  • 脳機能低下
  • 物忘れ
  • 言葉のたどたどしさ
  • 眠気
  • 無表情
  • 月経過多
  • 妊娠しにくい
  • 性欲低下
  • 子供の発育不全

などが見られます。

以上のような症状から、うつ病や更年期障害と診断され、間違った治療を受けている場合もあります。

橋本病急性増悪と一過性甲状腺中毒

本病は甲状腺が腫れていても痛みは出ませんが、まれに急に甲状腺が腫れて発熱や痛みが出る場合があります。
これは橋本病の急性憎悪という治りにくい状態です。
急な症状が出たらなるべく早く受診する必要があります。

また、橋本病の女性は産後、バセドウ病のような動悸や息切れなどの症状が一時的に起きることがありますが、これは「一過性甲状腺中毒(無痛性甲状腺炎)」といい、数週間で自然に回復することが多いので治療の必要はありません。

橋本病の原因は自己免疫疾患

原因ははっきり解明されていませんが、バセドウ病同様に自己免疫疾患と考えられています。

バセドウ病では、甲状腺が自己抗体により刺激され甲状腺機能が亢進しますが、橋本病は自己抗体からの刺激・攻撃により甲状腺組織が破壊され甲状腺機能が低下し、甲状腺ホルモンが十分に産生できなくなることにより症状が現れます。

いずれも同じ仕組みで発症しますが、甲状腺機能は相反する方向に偏ります。

橋本病の治療法

甲状腺機能が低下して不足した甲状腺ホルモンを「甲状腺ホルモン剤」を服用することにより補充して治療します。
甲状腺ホルモン剤を服用することで、脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンはストップし、甲状腺への刺激も緩和されます。
すると、甲状腺の腫れは引き、橋本病の特徴である寒気やだるさや無気力などの症状も治まっていきます。

甲状腺ホルモンが不足する状態には個人差があるため、薬の量は慎重に決めることが大切になります。
薬が足りなくても効果が出にくく、多過ぎても機能亢進状態になってしまい、動悸や息切れなど症状が出てしまうので注意が必要です。
また、薬は良く効きますが、病気が完全に治ったわけではないので、症状が出なくなっても勝手に服用を止めてはいけません。

その他の甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が低下する病気には橋本病の他にも色々なものがあります。

甲状腺の臓器そのものに異常がある「原発性甲状腺機能低下症」、脳の視床下部や下垂体の問題による「中枢性甲状腺機能低下症」、バセドウ病の治療が原因の「医原性甲状腺機能低下症」、生まれつき甲状腺ホルモンが不足する新生児の「クレチン症」、細菌感染による「急性化膿性甲状腺炎」、原因は分からないが自然に回復する「亜急性甲状腺炎」などがあります。

荒木レポート「甲状腺の病気 ~バセドウ病と橋本病~」

  1. 甲状腺の病気(バセドウ病・橋本病)
  2. 甲状腺の機能が亢進することによって起こるバセドウ病
  3. 甲状腺の機能が低下することによって起こる橋本病
  4. 甲状腺がんと良性腫瘍
  5. 甲状腺の病気の方が気を付けること

こんなページも読まれています


うつ・自律神経に詳しい整体院のブログ

変化がストレスに感じる時は、 小さなことから始めてみましょう


ご予約・お問合わせ: 044-540-3211

症状別対処法

● 症状別対処法

整体で体に良いことしてあげましょう。

■ご予約の際の注意事項

※12:00 ~ 13:35の間は、お昼休みのため電話は繋がりません。ご了承下さい。

(ご予約)☎ 044-540-3211044-540-3211

受付時間
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 16:45
9:00 ~ 19:00
定休日

川崎 整体健療院(かわさきせいたいけんりょういん)は、整体療法専門家集団と言われる健療施術院の川崎分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。

グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。

健療施術院主催のうつ・自律神経の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

うつ・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、川崎市・横浜市・東京都・千葉県・埼玉県・群馬県など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛などの症状の方がお見えになります。

このページの先頭へ

*

JR東海道線・京浜東北線・南武線「川崎駅」
西口通り出口から徒歩4分
〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211