• アクセス
  • *
  • *
  • *

メラトニンを増やそう!

メラトニンの作用を知って、自律神経を整えましょう

メラトニンというホルモンをご存じですか?
このメラトニン、自律神経にとって大切なホルモンなんです。

メラトニンは、明暗によって増減します。
太陽が出ている日中は、分泌が止まるので血中濃度が低く、夜になると分泌が増えます。

メラトニンの作用

夜になってメラトニンが増えると、心拍数や注意力などが下がっていき、体を眠る状態にシフトさせていきます。
そのため、メラトニンの濃度が低いままだと睡眠障害が起きやすくなってしまうんですね。

メラトニンは女性の月経にも影響しています。
メラトニンの濃度が減ると性腺刺激ホルモンの分泌が過剰になりますので、月経前症候群(PMS)が起こりやすくなってしまいます。

また、太陽が出ている時間が少ない冬になると、暗い時間が長い分、メラトニンの分泌が増えます。
すると、日中もメラトニンの濃度が高くなり、心拍数や注意力が下がったままになります。

元気が出ない!
 冬季うつ?

なんてことになりやすくなります。

メラトニンと照明

このようにとても大切な働きをしているメラトニンなのですが、現代人は夜も蛍光灯の光を浴びているので、暗くなるのを合図に分泌するメラトニンは十分に産生できなくなっています。

そうかといって、会社や街を真っ暗にする訳にはいきません(笑)
せめて、家にいる時は、なるべく照明を暗くしましょう。

例えば、間接照明にすればぐっとおしゃれに落ち着いた夜をすごせますね。
寝る1、2時間前には部屋の照明を落としたり、PCや携帯電話を見ないようにしてくださいね。
(わたしは部屋でサングラスをかけてやっています 笑)

メラトニンと光

最適量のメラトニンを産生するためには、日中に十分な日光を浴びる必要があります。
日が登ってメラトニンの産生が止まると、今度はメラトニンの材料になるセロトニンの産生が始まるからです。

(※セロトニンはメラトニンと交代で体内リズムを整える大事な子なんですが・・・今回は脇役で!)

メラトニンのためにセロトニンを十分に増やしたいのですが、そのためには同じ光でもオフィスや家の照明ではだめ。
最低でも2,500ルクス程度の光が必要なのですが、一般家庭にある照明器具は物によっても100~600ルクスしかありません。

晴天時の太陽光量がだいたい100,000ルクス。曇りの日でも50,000ルクス。太陽の光とは偉大ですね・・・。

できれば早朝、無理なら昼間でもいいので最低でも15~30分間は日光浴しましょう。屋内なら開いた窓辺、屋外なら日陰でも効果があります。
ただし、帽子などを用意して、日焼けしないようにしてくださいね。

川崎整体健療院
(ご予約)☎ 044-540-3211044-540-3211
川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

症状別対処法

● 症状別対処法

整体で体に良いことしてあげましょう。

■ご予約の際の注意事項

※12:00 ~ 13:35の間は、お昼休みのため電話は繋がりません。ご了承下さい。

(ご予約・相談)☎ 044-540-3211044-540-3211

受付時間
月・木・土 9:00 ~ 19:45
火・金 9:00 ~ 16:45
9:00 ~ 19:00
定休日

川崎 整体健療院(かわさきせいたいけんりょういん)は、整体療法専門家集団と言われる健療施術院の川崎分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。

グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。

健療施術院主催のうつ病・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

うつ病・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、川崎市・横浜市・東京都・千葉県・埼玉県・群馬県など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛などの症状の方がお見えになります。

このページの先頭へ

*

(ご予約・お問い合わせ): 044-540-3211

JR東海道線・京浜東北線・南武線「川崎駅」
西口通り出口から徒歩4分
〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階