体を広げる大切さ

2018.06.08更新


こんにちは、川崎整体健療院 院長の飯島です。
自律神経の多くは、見えないところで反応をしています。
ですが、目に見える部分の筋肉の動きや姿勢など、反応として感じたり、探せたりする所はあります。

体の姿勢・ポーズが、心(自律神経)を表していることもあります。
基本的には、交感神経が優位になると筋肉は収縮し、緊張状態になります。
運動する時は、収縮できる状態になっていると、瞬時に体を動かせてより良いパフォーマンスが発揮できます。

ですが、やはり自律神経はバランスが大切です。
交感神経の働きだけで良いかというと、そうではありません。
緊張が強すぎると、力を抜くということが出来ません。

例えば、腕を上げる動きをするとします。
すると、腕を上げる筋肉群が働いて、当然腕が上がります。
この時に、腕を下げる筋肉群の緊張が強過ぎると、スムースに腕が上がらずにカクカクと上がるような動きになります。

上げる筋肉と下げる筋肉がどちらとも緊張していれば、片方が働こうとしているのに、緩ませることが出来ずに、その運動を邪魔してしまいます。
オンにすること、オフにすること。
共に出来てスムースな体の動きになる訳です。


自律神経が乱れている方は、交感神経の高まりが強過ぎて、バランスが乱れていることが多いと感じます。
このような方は、やはりどこかの筋肉や頭・内臓などに硬さが出ている事が多いです。
そして、この交感神経の強い高まりが癖づいていると、普段の姿勢の癖としても現れてきます。

怒りがあれば、唇はギュッと閉じ気味になる。
落ち込んでいれば、下を向き気味になる。
不安な時や余裕がない時などは、腕を組んだり足を組んだり、前のめりに小さくなり座ったりすることもあるでしょう。
眉頭にぎゅっと力が入って会話している方も見かけます。
すると、呼吸も浅くなります。
とにかく、簡単に言うと体を縮めている状態なのです。

これでは、リラックスしようとしても、なかなか体は反応してくれません。
この時に自分で出来ることは、体を大きく広げることです。
無意識での緊張があるので、なかなか広げることが出来ない方もいるかもしれません。

  • 極力体の中心から手足を遠ざけて大の字になって、上向きになってみる。
  • 手足をパーに広げてみる。
  • 背もたれに寄りかかって座ってみる。
  • 口を開き、目をぱっちりあけてみる。
  • 両足を少し開き気味に座り、足の裏全体で床と接触しているように座る。

このように、体を大きく広げてみましょう。
出来れば、そこで腹式呼吸をゆっくりとできると尚良いでしょう。

日常で、いつもの自分より体を縮めていると感じた時や、ストレスを多く感じている時には、体全体を大きく広げて、リラックスしやすい状態に持っていきましょう。

体を大きく広げることで、心も余裕が生まれやすくなることでしょう。


こんなページも読まれています


うつ・自律神経に詳しい整体院のブログ

変化がストレスに感じる時は、 小さなことから始めてみましょう



健療院グループ各院のブログ一覧はこちらから

このページの先頭へ

*

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211