うつ・自律神経の整体法 (自律心体療法)

自律神経の乱れを整え、副交感神経の働きを高めるのがポイント

うつ・自律神経失調症・めまい・耳鳴りなどの方への整体法は、主に骨盤や背骨など、体全体を整えた後に、「呼吸改善法」「内臓調整法」「頭蓋骨矯正法」などの施術を行います。うつや自律神経失調症になっていれば、確実に自律神経は乱れています。自律神経が乱れていれば、副交感神経の働きが低下しています。副交感神経の働きが低下すれば自然治癒能力も低下します。

そのため、単なる肩こりや腰痛のような症状でも、なかなか治らないということが起きるます。当院で行っている自律心体療法は、自律神経の施術法を研究し、整体・カイロプラクティック・オステオパシー・気功・心理療法などの施術法を改良・融合し、うつや自律神経失調症に合う施術法に作り上げたのです。

呼吸改善法とは

うつや自律神経失調症などは、気付かずに呼吸が浅くなっている可能性があります。呼吸が浅いと自律神経が乱れやすく、治りにくくなります。

この呼吸改善法の施術を受けると、呼吸が深くなるのを体感できると思います。

内臓調整法とは

うつや自律神経失調症の方は、内臓が動きにくくなっている方がほとんどです。この内臓調整法は交感神経に偏りがちな自律神経を副交感神経よりに戻すことが出来ます。

副交感神経は、体を治す神経なので内臓を調整することにより、副交感神経も働いて、うつや自律神経失調症を回復させます。

頭蓋骨矯正法とは

自律神経失調症・うつは、脳にストレスを感じています。実は頭蓋骨もゆがみます。頭蓋骨がゆがむと脳はストレスを感じやすくなります。そのため脳のストレスを軽減させる必要があります。

それには頭蓋骨矯正を行う必要があります。頭蓋骨矯正は、その名のとおり頭蓋骨を矯正することです。矯正と言ってもバキバキッという派手な矯正ではなく、ソフトな力で行います。押す力は大体500グラム程度です。

頭蓋骨は、23個の骨が立体パズルのように組み合わさって出来ています。骨と骨とが組み合わさっているところを縫合と呼びます。

その縫合が人間の頭蓋骨には、約60個ありますが、その縫合部分がゆがみを起こすと、脳がストレスを感じることが多くなり、うつや自律神経失調症になりやすくなりますので、その縫合部分の矯正を行います。

よくあるご質問

自律神経失調症は、どのくらいで治りますか?

自律神経失調症の場合は、ただの体の損傷という訳ではなく、神経の調節がうまく出来なくなっているので、いつ回復するかは人によって違います。ただ、5・6回ぐらいすれば良くなっているという実感を持たれる方が多いです。

このページの先頭へ

*

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211