今昔物語 荒木晶子 VOL.6

蕁麻疹は仕事でプレッシャーを感じていたことも理由の1つかもしれませんが、それまでの生き方が我慢のオンパレードだったので当然と言えば当然です。

そこにジャマイカ人との狭い部屋での共同生活、食べ慣れないクジラや生エビ、人間関係のストレス等が重なり、なるべくしてなったという感じでしょうか。

蕁麻疹は何年も毎日のように発生し、病院を転々としても一向に良くなりませんでした。
お医者様にも分からないし薬も効かない。
ならば、自力でなんとかしてやるっ!とセルフ人体実験を始めたのです。


第1に食事をチェンジ。
化学調味料、砂糖、牛豚、牛乳、卵などを控えめにした野菜と魚中心の食生活です。
ぬか漬などで植物性乳酸菌も積極的に摂っていたせいか、お腹が徐々にスッキリしていきました。
変なものが体に入っていると直ぐに分かるようになりました。
最近は、すっかり暴食家なので、また食生活改しないとですが…。

第2に洗剤、シャンプー、化粧品などを見直してみました。
人工香料や化学薬品がなるべく使われていないものを選んだり、手作りしたりしました。
地球に優しいものは、体も喜んで吸収している気がしました。

第3に運動。
私の場合はヨガと迷った末に、合気道を選びました。
そして長年溜め込んだストレスや毒素を体中の毛穴から絞り出しました(笑)
師範や稽古仲間から容赦なく投げ飛ばされるので、蕁麻疹が出てきても人目を気にしている余裕はなく、出ていてもまぁいっかマインドに切り替わりました。
呼吸も意識するようになり、相手との間合いや平常心も養われていきました。

第4に体のケア。
アロマ、ヒーリング、瞑想、整体などの自然療法で、疲れた頭と体をひたすら労わりました。
数十年振りに体の芯から緩んだ感じがしました。
初めてのヒーリングでは激しい咳が出ましたが滞っていたものが流れた感じがしてスッキリ!
そして、初めてのカイロプラクティックでは術後にだるくなりつつも手の痺れなどの不調が徐々に回復!


肝心な蕁麻疹はというと…なんと、何年も毎日出ていたはずなのに、いつの間にかすっかり良くなっていたのです!
そして、いつか施術家になって、同じように困っている人の力になりたい!という想いが芽生えはじめてきたのでした。


このページの先頭へ

*

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211