整体をしても元に戻る理由

整体を受けて良くなっても、また戻ってしまう原因とは!?

患者さんに、たまにこういった質問をされることがあります。
「整体を受けて良くなっても、また戻ってしまいますよね・・・?」

答えは「はい」です。

残念ながら、整体を受けて良くなっても、また戻ってしまいます。
ただ、戻るといっても戻るスピードはまちまちで、戻らないこともあります。

それはなぜか?

まず一つ目に、症状には

  • 急性の症状
  • 慢性の症状

の2種類があるからです。

急性の症状と整体

それでは、質問です。
急性の症状と慢性の症状では、どちらが早くよくなるでしょうか?

答えは急性の症状です。

それでは、なぜ急性の症状は早く治るのか?

それは、痛みが起こった情報がはっきりしているからです。
この「情報がはっきりしている」というのが重要で、

  • どのようにして痛みが出たのか
  • どこが痛いのか

がはっきりしているために、治療がしやすいのです。

また、本人も自然治癒力が働きやすく、治っていく方向性もはっきりしているので、急性の症状は早く治るのです。

慢性の症状と整体

では、なぜ慢性の症状は治りづらいのか?
それは、急性の症状のときにしっかり治さなかったためです。

人間、痛みがなくなると、ついつい治ったと思ってしまいます。
こうして、ケアを怠るために、再発に至ってしまうのです。

更には、痛みをかばって無理な体勢をするために、2次的、3次的に悪い所が増えていきます。

こうして、悪い所が複雑化していくため、治りが悪くなっていきます。
(痛みがなくなっても、体の組織、傷口や、弱った筋肉などが回復するには、ある程度の時間が必要です。)

そしてなにより、慢性の症状が治りづらいのは「悪い生活サイクルからなかなか抜け出さない、抜け出せない」からです。

整体の意味

人間は、楽をしたい動物です。
そうしてなるべく体を使わないようにしたところ、文明が発展しました。
文明が発展するにつれて、体を使う機会が減っていったので、体力・筋力は減る一方です!

健康管理をしていくためには、適切な刺激を与えてくれる場所が必要になってきますが、残念なことに、自ら自分を変えたり、良くするための刺激を与えるのはとても難しいです。

そのために、現代人には「スポーツジム」や「整体」といった場所が必要なのかもしれませんね。

こんなページも読まれています


うつ・自律神経に詳しい整体院のブログ

変化がストレスに感じる時は、 小さなことから始めてみましょう


症状別対処法

● 症状別対処法

このページの先頭へ

*

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211