良いうんちの作り方

突然ですが、便秘してますか?

便秘は、自律神経が乱れている方、特に女性の方に多いと思いますが、何日続いたのが最高ですか?
2、3日?1週間?私の患者さんでは、1か月という方がいました。
はたしてお腹の中は、どうなっていたのでしょうか(汗)。腹痛や、腰痛など、様々な症状が出そうですよね。

中には1週間に1度、2週間に1度の便通なのに、普通に食べて、元気で普通に生活している方もいるみたいですが。。。(受容性、適応性があるということなのでしょうか・・・)
でもやはり、出す物を出さないというのは、体に負担がかかるのは間違いないと思うのです。なぜなら、「老廃物=毒素」ですからね。


さて、ここで質問です!うんちの素となるのは何でしょう?
それは「食物」ですね。
では、良いうんちはどう作ったらいいのか?それはご存じ「食物繊維」。
肉食系と草食系では、うんちの量が1.5~2倍違うと言われています。
みなさんは、良いうんちを作っていますか?

腸内環境と炭水化物

当院の患者さんの中には、血糖値に影響を与えないために、甘い物(糖分)の制限をされている方もいると思います。
甘い物は、栄養素でいうと炭水化物になります。おもにエネルギーになるものですね。
食品で言うと、

  • 砂糖
  • イモ類

がそれにあたります。

そうです。甘い物(糖分)だけでなく、ごはんや麺類も炭水化物にあたるんです。 ということは、甘い物(糖分)だけでなく、ごはんや麺類が多い食事は血糖値に影響を与えてしまうことになりますので、上手に摂取しなければなりません。

例えば、

  • 朝はごはんに納豆
  • 昼はカレーライス
  • 夜はうどん

と、日本人は炭水化物過多になりやすいため、一生懸命野菜を摂るようにしないと、どうしても不足がちになってしまいます。

食物繊維が少ないと、どうしても良いうんちはできません。
ただし、

  • 健康的な方
  • 肉体労働の方
  • スポーツをする方

は、炭水化物がエネルギーに変わり消費されますので大丈夫です。

  • 体調を崩しはじめの方
  • 便秘がちの方
  • デスクワークの方

で運動をしない方は、どこかで一食炭水化物を抜いて、ボール一杯、または、どんぶり一杯の野菜を摂る生活に変えてみてはいかがでしょうか?

良いうんち作りは、体内の老廃物を出し、胃腸の負担も少なくなります。
結果、元気な生活を送れますので、一度、食事を見直してはいかがでしょうか?

こんなページも読まれています


うつ・自律神経に詳しい整体院のブログ

変化がストレスに感じる時は、 小さなことから始めてみましょう


症状別対処法

● 症状別対処法

このページの先頭へ

*

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211